スポンサードリンク

2011年07月13日

可夢偉 F1第9戦イギリスGP「完全に悪い方向にしか回らなかった」

小林可夢偉「シューマッハに追突された。ほんとツイてなかった」
39595_402.jpg

初日午前中にクラッシュを喫した可夢偉は、メカニックの素早い修復作業もあって無事に午後のセッションに参加。雨のペースに問題ないことを確認した可夢偉は、土曜朝のドライコンディションでマシンのセッティングを詰め切れなかったと感じつつも、予選にはそれなりに手応えをもって臨んだとコメントしている。

「予選は路面のコンディションがウエットからドライに変わって難しかったんですけど、結局Q3に入って8番手につけることができました。ただ、本当はもうちょっといければよかったし、フォースインディアとウイリアムズに前にいかれたのは個人的には残念だったと思います。でもチームとしては久々にQ3に入れたし、予選がひとつの課題だったので、今回それなりに行けたのは良かった。ただ、でも結果はレースが一番大事だし、レース中は雨が降る可能性もあるし、とにかく変な期待をせずに最後まで気を抜かずに生き残ろうと思ってました」


そして決勝 小林可夢偉は、自己最高となる8番手からイギリスGPをスタートしたものの、まずはミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)に追突され、スピンして順位を落とした。

その後、ピットインした際には、ピットレーンをパストール・マルドナード(ウィリアムズ)が走行しているにもかかわらず、ザウバーのスタッフがピットアウトを指示してしまい、あわや接触という事態に。可夢偉は接触を避けられたものの、隣にあるフォース・インディアのガレージのホイールガンに当たってしまい、危険なピットアウトと判断され、ペナルティーを受けた。

そして、最終的にはオイル漏れのため、コース脇にクルマを止めて今季初のリタイアとなった。

小林可夢偉
「今週末、全体的なパフォーマンスはよかったので、とても残念です。今日のレースは、ほんとツイてなかったですね。ミハエルとの件については、僕のほうから言うべきことはあまりないと思います。横に並ばれてもおらず、見てもらったとおり、彼が僕に追突してきました」

「その後は、壊れたクルマでの走行を強いられました。そしてピットストップでも不運なことがあり、ペナルティーを受けました。チームからオイル漏れが発生しているので、コース脇にクルマを止めるよう指示され、リタイアせざるを得ませんでした」

「とにかく今回は完全に悪い方向にしか回らなかったですね。クルマの手応えはあるので、ここからしっかり立て直したいと思います」

posted by F1 at 21:44| 2011  リザルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。