スポンサードリンク

2011年07月25日

可夢偉、17番手スタートから驚異の追い上げ9位!/ドイツGP

F1世界選手権第10戦ドイツGP決勝(23日、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキット=1周5・148キロ×60周)
40273_402.jpg
ザウバーの小林可夢偉は、17番手からドイツGPをスタートしたものの、スタート直後には12番手に浮上。その後も着実に順位を上げ、9位入賞を果たし、第7戦カナダGP以来となるポイント獲得を達成した。

最高気温14度と冬のような低温になった決勝。可夢偉はタイヤが路面をグリップしない問題で前日(23日)の予選は18位に沈んだが、決勝は1周目に早くも12位まで順位を上げるなど、“追い越し名人”ぶりは健在だった。

小林可夢偉コメント「スタートがうまくいって、1周目には初めの数コーナーでいくつか順位を上げられました。これが良かったですね。17番グリッドでしたが、1周目が終わったときには12番手になっていました。でも、今回は僕たちのペースが良くなかったので、その後は難しかったです」

「ポイントを獲得できたのは、ピットストップの戦略が素晴らしかったおかげですね。素晴らしい働きをしてくれたチームに感謝したいです。レース中にはウィリアムズの2台を抜くことができましたが、ミハエル(シューマッハ/メルセデスGP)は抜けませんでした。彼は、ストレートで僕たちよりもかなり速かったんです」

「ただ、予選がうまくいかなくてもポイントを獲得できてうれしいですし、次のレースではもっといいパフォーマンスを見せたいですね」

大会直前にドイツで開かれたサッカー女子W杯では日本代表「なでしこジャパン」が優勝し、「勇気をもらいました」と奮起。

東日本大震災の被災者を励ましたいと奮闘したもう1人の日本代表が踏ん張った。

posted by F1 at 23:09| 2011  リザルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

可夢偉 F1第9戦イギリスGP「完全に悪い方向にしか回らなかった」

小林可夢偉「シューマッハに追突された。ほんとツイてなかった」
39595_402.jpg

初日午前中にクラッシュを喫した可夢偉は、メカニックの素早い修復作業もあって無事に午後のセッションに参加。雨のペースに問題ないことを確認した可夢偉は、土曜朝のドライコンディションでマシンのセッティングを詰め切れなかったと感じつつも、予選にはそれなりに手応えをもって臨んだとコメントしている。

「予選は路面のコンディションがウエットからドライに変わって難しかったんですけど、結局Q3に入って8番手につけることができました。ただ、本当はもうちょっといければよかったし、フォースインディアとウイリアムズに前にいかれたのは個人的には残念だったと思います。でもチームとしては久々にQ3に入れたし、予選がひとつの課題だったので、今回それなりに行けたのは良かった。ただ、でも結果はレースが一番大事だし、レース中は雨が降る可能性もあるし、とにかく変な期待をせずに最後まで気を抜かずに生き残ろうと思ってました」


そして決勝 小林可夢偉は、自己最高となる8番手からイギリスGPをスタートしたものの、まずはミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)に追突され、スピンして順位を落とした。

その後、ピットインした際には、ピットレーンをパストール・マルドナード(ウィリアムズ)が走行しているにもかかわらず、ザウバーのスタッフがピットアウトを指示してしまい、あわや接触という事態に。可夢偉は接触を避けられたものの、隣にあるフォース・インディアのガレージのホイールガンに当たってしまい、危険なピットアウトと判断され、ペナルティーを受けた。

そして、最終的にはオイル漏れのため、コース脇にクルマを止めて今季初のリタイアとなった。

小林可夢偉
「今週末、全体的なパフォーマンスはよかったので、とても残念です。今日のレースは、ほんとツイてなかったですね。ミハエルとの件については、僕のほうから言うべきことはあまりないと思います。横に並ばれてもおらず、見てもらったとおり、彼が僕に追突してきました」

「その後は、壊れたクルマでの走行を強いられました。そしてピットストップでも不運なことがあり、ペナルティーを受けました。チームからオイル漏れが発生しているので、コース脇にクルマを止めるよう指示され、リタイアせざるを得ませんでした」

「とにかく今回は完全に悪い方向にしか回らなかったですね。クルマの手応えはあるので、ここからしっかり立て直したいと思います」

ラベル:F1 イギリスGP
posted by F1 at 21:44| 2011  リザルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

F1第7戦カナダGP

2011年F1第7戦カナダGP決勝が、6月12日(日)の現地時間13時(日本時間26時)から、ジル・ビルヌーブ・サーキット(1周/4.361km)で行われ、ジェンソン・バトン(マクラーレン)が最終ラップで逆転という劇的な優勝を果たした。小林可夢偉(ザウバー)は、13番手から一時は2番手まで追い上げ、最終的には7位入賞を達成した。
38118_402.jpg

レーススタート時の天候は曇り、気温19℃、路面温度は20℃。現地ではレース前に断続的な雨が続いたことから、路面がぬれている状態でスタートを迎えた。そのため、2種類ある雨用タイヤ、ウエットとインターミディエイトのうち、全車がウエットタイヤを装着し、セーフティカーが先導する形でレースがスタートした。

今年から、追い抜き増加を目的に導入されたDRS(空気抵抗低減システム/可変リアウイング)だが、路面がぬれていることもあり、スタートの時点では使用できない状態になっている。雨はやんでいる状態であるものの、路面の水量は多く、ヘアピンの立ち上がりではセーフティカーでさえもリアが滑ってしまう状態だった。しかし、4周目終了時にセーフティカーがピットへ。

5周目からセーフティカー導入が解除されると、2番手スタートのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がポールスタートのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)に1コーナーで仕掛ける。ベッテルはトップの座を守ったが、その後ろではマーク・ウェバー(レッドブル)とルイス・ハミルトン(マクラーレン)が接触。これにより、ウェバーが大きく順位を落とした。

また、13番手スタートの小林可夢偉(ザウバー)がみるみる順位を上げ、7周目終了時には8番手にまで浮上。そして8周目、メインストレートでハミルトンとジェンソン・バトン(マクラーレン)が接触。バトンはチーム無線で「何やってんだよ!」と怒った様子で叫んでいた。ハミルトンがバトンを抜こうとしたものの、バトンと壁の間に無理やり入ろうとする形になり、ハミルトンのフロントとバトンのリアが接触した。

これによってセーフティカーが出動。ハミルトンはコース上にクルマを止め、すでにリタイア。バトンはピットへ戻ってパンクしたタイヤをインターミディエイトに交換した。また、これによって可夢偉は6番手まで順位を上げた。

13周目からレースが再開。レース再開後、上位では順位変動がなくこう着状態となったが、中団に沈んだバトンが速いペースで走行。バトンはインターミディエイトを装着しているため、これを見たライバルチームが続々とピットへ入った。上位でも、2番手アロンソと5番手ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が17周目終了時にインターミディエイトへ交換。次の周には3番手に浮上したミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)もインターミディエイトへ交換し、可夢偉が3番手に上がった。

しかし、雨が急激に強くなったため、20周目に再びセーフティカー導入。ここでアロンソ、バトン、ロズベルグがピットへ入り、再びウエットタイヤを装着した。また、次の周にトップのベッテル、4番手ウェバーがピットインし、ウエットタイヤからウエットタイヤへ交換している。21周目終了時には2番手マッサと、まだインターミディエイトを装着していたシューマッハがタイヤ交換を行った。これにより、可夢偉は2番手に浮上した。

23周目の時点でもセーフティカー先導が続いているが、トップを走るベッテルはチーム無線で、視界が悪く、とてもレースをできる状態ではないと伝えていた。そして25周目、赤旗が出され、レースは中断となった。結局、レースは約2時間中断され、現地時間15時50分(日本時間13日午前4時50分)に全車がウエットを装着してセーフティカー先導で再開することとなった。

レース再開後もセーフティカー先導が続いたが、34周目終了時にセーフティカーはピットへ。1コーナーに向けてマッサが可夢偉を抜いたものの、すぐに可夢偉が抜き返し、可夢偉が2番手の座を取り戻した。また、この周の終わりには中団以降で多くのクルマがピットインし、インターミディエイトへ交換した。

36周目終了時に、2番手の可夢偉以下の上位勢がほぼ全車ピットへ入り、インターミディエイトへ交換。しかし、トップのベッテルはウエットのまま走り続けている。そして37周目にターン3、4でバトンと接触し、アロンソが壁にクラッシュ。バトンはパンクしてピットへ向かった。これで再びセーフティカーが導入され、ベッテルもピットインし、タイヤを交換した。

セーフティカーの後ろで隊列が整うと、トップはベッテル、2番手は可夢偉、3番手マッサとなった。そして、レースは41周目から再開。レース再開後、トップのベッテルが少しずつ可夢偉との差を広げていった。また、マッサが可夢偉の背後にピッタリとつけてプレッシャーをかけているが、可夢偉は2番手を守り続けている。そして、44周目の時点からDRSの使用が許可された。

46周目、可夢偉の背後につけ、DRSを使えるマッサがファステストラップを更新しながら可夢偉を追うが、可夢偉も自己ベストを更新し、2番手の座を譲らない。路面はコースの一部で走行ライン上が乾いている状態で、周回を重ねるごとにラップタイムが向上している。

50周目、可夢偉がターン8、9のシケインでミス。このすきに4番手シューマッハが2番手に浮上。マッサも可夢偉を抜き、可夢偉は4番手に後退した。51周目終了時にマッサとシューマッハがドライタイヤへ交換。しかし、マッサはスピンしてノーズを壊し、翌周に再びピットイン。また、ここでベッテルと可夢偉もドライタイヤへ交換した。

54周目終了時のトップはベッテル、2番手シューマッハ、3番手ウェバー。可夢偉は4番手につけていたが、1コーナーでバトンに抜かれ、5番手に後退した。56周目、ターン2で可夢偉にニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)が追突。ハイドフェルドは壊れたノーズに乗り上げる形でコントロールを失ってクラッシュ。この事故で破片が飛び散ったため、またもセーフティカーが出動した。

60周目からレースが再開。レース再開時の1コーナーで可夢偉が滑ってしまい、ビタリー・ペトロフ(ロータス・ルノーGP)に抜かれ、6番手に後退してしまった。また、2番手シューマッハ、3番手ウェバー、4番手バトンが接戦を繰り広げている。3台による激しいバトルの末、バトンが2番手に浮上。3番手ウェバー、4番手シューマッハとなった。

2番手に浮上したバトンはファステストラップを更新しながらトップのベッテルを追い、一気にベッテルとの差を詰めた。そして最終周、ベッテルがまさかのスピン。これでバトンがトップに立ち、そのまま優勝。大混乱のレースは最終周に首位が後退するという劇的な結末となった。

また、可夢偉はマッサからの攻撃に耐えていたものの、マッサと横並びの状態でゴール。しかし、可夢偉の背後につけていたマッサはDRSを使えたため、わずかにマッサが先行し、可夢偉は最終的に7位となった。

なお、バトンはハミルトンやアロンソとの接触がレース後、審議されることになっている。


ラベル:F1 カナダGP
posted by F1 at 23:38| 2011  リザルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。